めE¾ã¼ãE—の塔ãE琁E¿µ


「私ãE土に邁E‚Šã€€ã‚EŒã¦æ¨¹ã¨ãªã‚Šã€€èŠ±ã«å’²ãã€E/h3>

めE¾ã¼ãE—の塔ãE、樹木葬式ãE永代供養塔です。仏教では「四有」とぁE†æ€æƒ³ãŒã‚ります。四有(しぁE¼‰ã¨ã¯ä¸€ã¤ã®ç”ŸãŒçµŒã‚‹å››ã¤ã®æ®µéšŽãEこと。すなわち、生命の出現する瞬間である生有Eˆã—ようぁE¼‰ã€ç”Ÿå­˜ã—てぁE‚‹çŠ¶æ…‹ã§ã‚る本有(ほんぬE‰ã€æ­»ã¬çž¬é–“である死有(しぁE¼‰ã€æ¬¡ã®ç”Ÿã‚’得るまでの状態である中有(ちめE†ãE¼‰ã‚’言ぁE¾ã™ã€Ebr> こãE四有のサイクルのサイクルをåE現化するãEが、やまぼぁE—の塔です。私たちの遺骨が土に邁E‚‹ã“とによって、やまぼぁE—の樹の栁E¤Šã¨ãªã‚Šã€ã‚„がて愛らしい花に育つ。つまり花に生まれ変わろうとぁE†ã€ãŠã¨ãŽè©±ã®å®Ÿç¾ã§ã™ã€